Welcome to noguchi farm 



ちょっと、寄り道して、ゆっくりと・・・・・・・・・ January  2007

          楽しいこと・・・・・・うれしい出来事・・・・ ご感想、などこちらから・・掲示板へ。


1月30日    快晴             梅の花も咲き始めたよ(^^






去年より、半月あまり早く
梅の花が咲き始めています。

この梅は、ご近所の家の庭に
咲いていたものですが、
うちのあたりで一番早く咲くようです。
淡いピンク色で、香りの良い梅です。
実も食べられるそうですが、
恐らく花梅の種類でしょうね?・
名前は、分かりませんが。


ちなみに、我が家の玄関先にある
白梅は、まだまだ蕾が固いみたいですね。
2月の10日頃には咲き始めるでしょう。


梅の花が、満開になるころには、
早春の花が次々と咲き始めます。
冬、寒い時期の花は、凛としていて
香りも良くて、私は一番好きです(^^)



1月26日 晴れのち曇り  夕方雨     よい香りで水仙が、咲き始めました。






かなり前の話です。
15年も前になりますか、

子供がまだ、小学校低学年か幼稚園の頃
だったと思うのですが
2月に淡路島の黒岩水仙郷へ行ったことがあります。

海岸に沿った県道の真上に、何ヘクタールもの
水仙の畑ありました。

満開の水仙のなかを、遊歩道を登り、
頂上に着くと真下に瀬戸内海が広がり、
真冬の海の青さと水仙の白さが、とても
綺麗だったことを、この時期になると思い出します。

もう一度、行って見たい所の一つです。




我が家の納屋の入り口、
雨だれが落ちるいぬばしりの際に
昔から水仙が、数十株生えています。

毎年忘れずに、秋も終わりごろになると、葉が出て、
正月過ぎると蕾をつけ、2月には、清楚な花を咲かせます。

今年は、少し早くて、今ほぼ満開になっています。
鼻を近づけると、なんとも言えない、上品な香りを
楽しませてくれます。

毎年、この時期になると、何本か摘んできて、
部屋の中に、挿して、花と香りを楽しんでいます。





1月23日 晴れ          七尾山雅楽会の新年会でした。



今日は、
やすのり君味付けの、
比内地鳥スープの寄せ鍋、他色々・・・でした。
鳥、豚、に白菜、しいたけ野菜たっぷり・・
きりたんぽに讃岐うどんまで入った身体に
よさそうな鍋でした。

あまりのうまさに(言いすぎ)
食べすぎ、に飲みすぎ・・・・でした(笑)

財田のサブちゃんが、用事が出来て来てなかったのが
ちょっと残念ですが・・・
きっと、カラオケは、もり下がったでしょう(爆




夜は、雅楽会の新年会でした。

昨夜は、satouさんたちと
しし鍋の新年会でしたので、
流石にレンチャンとなると、
ちょっときつかったですね(^^;

2次会のカラオケは、私は、
遠慮しました(残念)






1月20日  晴れ   遠方からお越しくださいました(^^)ありがとうございました。


中島さんご夫妻とお友だちの皆さんです




暗くなってすみません。
我が家の選果場で・・スイートスプリングを手に
・・


兵庫県の、中島様ご夫妻とお友だちの方々です。

香川県へは、うどん巡礼で、
お越しになっていたそうです。
スイートスプリングが、
麺通団の田尾和俊氏の本で幻の果物と紹介されていたそうで、
一度食べてみたいとを探しておられたそうです。

我が家のホームページを見つけ、ご覧になって、
遠いところ、訪ねて来て下さいました。
本当にありがとうございました。

最近は、観光でうどん屋さん巡りをされている方が多く、
有名うどん店は、土、日は、県外ナンバーがいっぱいです。
うどんブームで香川県が、元気になるみたいで、大変よいこと
だと思います(^^)

私もうどん大好き人間でして、毎日一回はうどんを食べないと
落ち着きません(笑)
香川県人はそんな人が、殆んど??だと思いますが(爆
私が特に好きなのが、近所の岡崎製麺所の出来立てのうどんです。
塩加減、腰ともに最高・・・
玉うどんを買ってきて、時間が経ってもおいしいのが、特徴かな。


讃岐では何かの行事(法事など)に、うどんがつき物で、
その際、朝一番に出来たすぐのうどん玉を、30とか40玉
買ってきますが、そのうどんを、直ぐに生醤油をかけて
ぶっ掛けうどんで食べるのが最高です。
ちょっと工夫して、
濃い目のだしにスダチと大根おろしをかけて食べるのも、
これまた、絶品なのです(^^)

こんなことを書いていると、食べたくなってきましたので、
この辺で、終わります・・・・・・・・・・

あ〜だめだ・・・うどんが食べたい (爆




1月14日 快晴         軒下に・・・・ 干し柿が(^^)


近くの農家の、納屋の軒下に
干してありました。
自家用とは思うのですが、上手にできていますね。




あめ色になって
めちゃ美味しそうです・・・・


1月11日 晴れ 今日も暖か・・・   早くも菜の花が・・・・


菜の花が、咲き始めています。
アップで撮ってみました。

ご近所の野菜畑では、もうこんな風景が、見られます。

着実に春の足音が聞えて来るようですね(^^)




1月9日 快晴          昼間の月・・・・


午前中、幽かにですが、

桃の木の上に
お月さんが・・・・・

今日は、
こんなお天気でした(^^)


1月4日  晴れてポカポカ(^^      あん餅雑煮


お借りした写真ですが、
我が家のお雑煮とほぼ同じです

我が家では、昔からお雑煮と言えば
白味噌仕立てのあま〜いあん餅雑煮なのです。
香川県独特の食習慣だと思います。
切り餅のしょうゆ仕立てや、お澄ましも美味しいのですが、
私の場合、子供の頃から食べ慣れているせいか、
あん餅雑煮の味には到底かなわないと思っています。
ぜんざいやおしるこより、ず〜とあっさり味ですよ(^^
家族全員大好きで、あん餅が減ってくると、奪い合いが起こるほどです。
まだ、召し上がったことのない方、是非お試し下さい。
レシピです

材料:だいこん、金時にんじん、豆腐、あんもち、白味噌、かつお出し汁、

作り方:鰹の出し汁で、薄くスライスしただいこん・金時にんじん・さいの目に切った
豆腐を煮ます。煮えたらあんもちを入れ、白味噌で味付けします。
椀に盛りできあがりです。お好みで、ねぎやのり、鰹節などをトッピングすれば、
なお一層おいしいです(^^


1月2日    雨模様でした(^^; あけまして おめでとうございます。今年もよろしく・・・・・






月の数だけの
お供え餅は今もしています。




昔 田舎の正月。

私が子供の頃(40年くらい前)の正月といえば、
大晦日に樫と栗の木で、一対の箸をこしらえ、
三が日の食事は、その箸で頂いていた記憶があります。
なぜ、樫と栗の木で作っていたか云われはわかりませんが、
樫は貸し、栗はかち栗とか言うような縁起物だと思います。

神棚には、年末に新米でついたお供え餅を、二重ねづつ
月の数12皿お供えし、三が日には朝昼夜一日に3回
上げ代えていたみたいです。大変でした・・・

樫の木を、30〜40cmに切って神棚に供えておき、
春になって苗代の時期に神棚から下げて御札を樫の木に挟み
苗代の隅に突き刺していたそうです。
豊作を願っておこなっていた習慣だと思います。
それだけお米作りは大切だったのでしょうね。

大晦日にはおじいさんが、稲わらでしめ縄を作っていました
うらじろと若葉(樫の葉?)だいだいを付けすべて自家製でした。
玄関はもちろん裏口、勝手口、納屋の入り口
農機具から、トイレの入り口にいたるまで、家のほとんどの
出入り口には飾られていました。
近所のどこの家にでもそうでしたね。
いつの頃からか、だんだんと簡素化され、しめ縄もスーパーで
買ってきてくるようになり、飾る場所も玄関と神棚くらいになりました。
我が家でもそうですが・・・(^^;
もう、昔のようにはできませんが、
伝え、残したい風習の一つかも知れません・・

トップページヘ

2006
1月へ
2月へ
3月へ
4月へ
5月へ
6月へ
7月へ
8月へ
9月へ
10月へ
11月へ
12月へ

2007
1月へ
2月へ
3月へ
4月へ
5月へ

6月へ
7月へ

8月へ
9月へ
10月へ
11月へ










































769−0402  香川県三豊市財田町財田中 3437−1 野口果樹農園
  tel fax  0875-67-2464

            e-meil  noguchi-kiyosi@gaea.ocn.ne.jp
−Copyright(c) 2005−2006 All rights reserved