Welcome to noguchi farm 



ちょっと、寄り道して、ゆっくりと・・・・・・・・・September 2006

          楽しい寄り合い・・・・・・うれしい出来事・・・・ ご感想、などこちらから・・・・お待ちしています。




9月29日
財田鉾八幡宮の例大祭(秋祭り)は、
10月6日、7日です。詳しくはこちらから



大祭式に生演奏する雅楽の練習を、
9月始め頃からしています。

昨年の祭り風景は、こちらから

演奏曲は、
  
音取り(ねとり)     宮司本殿に向かい参進の時演奏曲。
越天楽(えてんらく)  献撰(お供え物をする)の時演奏。
 五常楽(ごじょうらく)     遷霊(霊を移す)の時演奏する。
慶徳(けいとく)             開扉、閉扉の時演奏
浦安の舞、朝日舞などです。



9月27日 快晴
またまた、秋らしい花を・・・
オレンジ色のコスモスです。
ちょっと、調べてみたのですが、八重咲きのキバナコスモスらしいです??

コスモス(Cosmos)はキク科コスモス属の一年草。
秋桜オオハルシャギクとも言います。
秋に桃色・白・赤などの花を咲かせるが、品種改良により黄色・オレンジなどの色も作り出されています。
花は本来一重咲きだが、舌状花が丸まったものや、八重咲きなどの品種が作り出されているそうです。




9月23日 秋晴れ
先週台風で延期になっていた体育祭、運動会日和でした。
秋らしく彼岸花を・・・・・
別名
「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)。
”天上の花”という意味だそうです。 おめでたい事が起こる兆しに、
赤い花が天から ふってくるという仏教の経典によるものです。


根のところにはリコリンという毒があるが、この毒は水で何回もさらせばとれるので
昔の人はこの根の部分からデンプンをとって 飢饉の際の食料としたそうです。。


田んぼのあぜ道や土手に多くみかけますが、
これはノネズミがあぜ道や土手に穴を開けるのを、
彼岸花の毒性のある球根を植えることで防ぐ、 という説と、
彼岸花の根茎は強いため、田んぼのあぜ部分に 植えてあぜの作りを強くするため、
などの説があります。




突然茎が伸びてきて鮮やかな色の花を咲かせ、 数日で花が終わって茎だけになります。
花のあとで葉が伸びてきますが、冬と春を越して 夏近くなると全く消えてしまいます。
花と葉を同時に見ることはできません。

葉のあるときには花はなく、 花のときには葉がない。
このことから 韓国では「サンチョ(相思華)」と呼ぶそうです。
「花は葉を思い、葉は花を思う」という意味から・・・・・・


花言葉は「悲しい思い出」とのことで、
別名も「マンジュシャゲ」のほか、「ユウレイバナ」とか「シビトバナ」、「ハカバナ」、「カジバナ」など、
全国各地の地方名をあわせれば1000種類ほどあるそうですよ。



9月18日 台風一過  曇り
夕方になって西から晴れてきました。

色の濃い夕焼けでした・・・


9月15日今日は、晴れ
今週は、秋雨前線の影響で、雨続き・・・台風も心配。
今度のは、真ともに来そうです・・嫌ですね


最近、時間の余裕ができたので写真を整理して・・
撮影時期、内容別に分けてCDーRにバックアップしています。

桃畑の四季のページを、新しくしてみました。
まだ途中ですが、できたページから順にアップしてみます(^^)

こちらからです。


9月9日晴れ33度 真夏に逆戻り、夜夕立
satiyo育てた花の一部

今、玄関で満開・・・・

名前を聞いても分からず?




9月6日 雨
冷たい雨が、降ったりやんだり・・・・・仕事は、お休みでした
25度くらいで雨降りだとちょっと肌寒く感じます。

ネーブルもずぶ濡れに・・




9月3日快晴
ちょっぴり、秋らしく・・・・・

雑木林の中に・・・・・
野性の栗で、
しば栗と呼んでいます。?
天津甘栗くらいの大きさで、小粒ですがこれが甘くてうまいんですよ。
最近は、人様よりいのししの方が早くて、口に入るかどうか??
もう少しですね・・・




トップページヘ


トップページヘ
1月へ
2月へ
3月へ
4月へ
5月へ
6月へ
7月へ
8月へ
9月へ
10月へ
11月へ
12月へ