Welcome to noguchi farm 

桃作り講座


トップページへ > 講座目次 > 春から夏にかけて


桃作りの一年 1 桃の実は、一年中の作業の結晶です

桃作りの一年は、収穫の終わった秋から始まります。
まだ果実がなっている8月頃に、翌年に実る花芽ができるからです。
秋の日ざしと肥料を充分吸収して、花芽や枝が充実してきます。
秋から冬にかけて蓄えた養分で、春、4月になると花を咲かせ、実をつけます。
実が、ソラマメくらいの大きさになる5月始めまでは、この蓄えた養分でまかないます。
春先から伸びてきた根が、肥料を吸収して、葉をつくり、実を大きく育てます。
そして夏には、大きくて美味しい桃の実を実らせます。



秋から冬にかけて

作業風景 仕事の内容。
9月     お礼肥と接木
収穫が終わり木の体力も落ちている時期に、来年の春に
咲く花芽ができて来ています。
木の体力回復と来年の花芽や、枝の充実、のために大切な、
肥料です。

植え替え用苗作りのための接木もこの時期です。
詳しくは、こちら
9月     夏の剪定。
収穫直後から、9月頃に行う剪定のことで、下枝を陰にしている、
強く伸びた枝「徒長枝」などを中心に、剪定します。

下枝まで充分日光を当てて、来年実をならす枝や、花芽を、
充実させるための、大切な作業です。
10月     元肥
桃作りの基本になる肥料で、年間の8割くらいの量をまきます。
詳しくは、こちら
10月〜
   11月
    

改植。
根を、きれいに抜き取り、植える付近を、深さ50cmくらい
深耕してやり中心部にバケット一杯分位の植え穴を掘ります。

その中に、堆肥や、土壌改良資材や、肥料をいれて
土を戻してやります。 
桃の落葉が終わる11月中旬ころから、植え付けを始めます

11月〜
   12月
    中耕
元肥をまいたあとすぐ、土と肥料がよく混ざり桃
の木が吸収できるように、中耕します。  
12月〜
    1月
    剪定
12月、1月で内枝まで太陽光線が充分当たるように剪定します。
剪定が桃作り基本になるので、細心の注意を、はらって
ていねいにやります。
1月〜2月 枝のかたづけ
切り落とした枝集めも大量なのでたいへんです。
落とした枝には、病原菌の越冬場所にもなるので
畑の外に持ち出すか、焼却します。
2月 中耕
芽出し肥を撒いたあと、直ぐに肥料が効くように
軽く耕してやります。



トップページヘ
769−0402  香川県三豊市財田町財田中 3437−1 野口果樹農園
                            tel fax  0875-67-2464