Welcome to noguchi farm  

桃作り講座

 トップページヘ < 目次  


          摘果作業     


桃は、花が咲いて約100日{中生品種}で成熟します。


他の果物に比べ短期間に大きくなり成熟するため、
肥大の仕方も急速で複雑です。

その間、摘花、摘果、袋掛けなど、
         手作業での仕事が、続きます。


一般的に、摘果は、

予備摘果。と仕上げ摘果。に、分かれます。

予備摘果。

一回目の生理落下の終わる満開後15日ころが、理想です。

摘蕾、摘花も、予備摘果に含みます。
だから摘蕾、摘花が、終わった畑は、予備摘果しません。


浅間白桃(4月下旬)
予備摘果前。             摘果後
  

仕上げ摘果。

気温が上がり安定して肥大してくる5月10日頃から
硬核期の始まる5月20日頃までに

袋掛け数の2倍くらいまで仕上げ摘果で落とします。


仕上げ摘果前。                 仕上げ摘果後。
 

残す実は、このように、
少し縦長で、しっかりと大きいく傷や変形無いもの。
縫合線(桃の割れ目)が、6〜4の割合で少し左右どちらかにずれているもの。

注意点は、
特に大きく、縫合線が真ん中にあるものは、
双杯果と言って、種が2個入っているものが多い。
この実は、将来、核割れを起こし品質が著しく低下する恐れがあります。



その後5月25日頃から始まる袋掛けで、
きれいな実を選びながら・・・・・・

早生〜中生〜晩生の順に袋を掛けてゆきます。
この時点で、仕上げ摘果で残した数の半分くらいになります。

桃の実の摘果は、
摘蕾、摘花、予備摘果、仕上げ摘果、袋掛けと、
5回に分けた間引きで、大きくておいしい桃に仕上がります。


結構手間がかかるでしょう・・・・・・


桃の果実肥大ステージ
(品種  あかつき






満開 [4.10]



生理落下期[4.10〜4.25]



予備摘果時期
(4月下旬)




肥大期



仕上げ摘果時期
(5月中旬)



硬核期[5.20〜6.10]



袋掛け時期
(5月中下旬)




肥大期



成熟期[7.15]


トップページヘ
769−0402  香川県三豊市財田町財田中 3437−1 野口果樹農園
                            tel fax  0875-67-2464